身近な実店舗を利用する事のデメリット

知り合いに見られる可能性もある

初めてブランド買取を利用する人は、名の知れたブランド買取店へアイテムを持ち込みして売るという人も多いです。どんなお店なのか、どんなスタッフなのかなどをチェックしながら、大切なブランドアイテムをここで売るかどうかを決められます。対面式なので信頼できるお店かどうかということも、自分の目で確かめて取引きできるというメリットがありますが、お店に出入りしているところを知り合いに見られてしまうこともありえます。特に近隣にある買取店では、近所の方と会う可能性も高まります。買取店で知り合いに会いたくないという人や、お店に出入りしている所を見られるのが嫌だという人にとっては、実店舗での買取は不利になるでしょう。

遠方にあるブランド買取店は利用しにくいと感じることも

実店舗でブランド品を持ちこみして買取するサービスを利用する際、近くに自分が売りたいブランド品を取り扱っているお店がない場合、遠方まで行かないといけません。車を所持していればいいですが、車がないと電車やバスなどを利用してお店まで行くことになりますが、品数が多いと持ち運びが困難になることがあります。車で来場しても駐車場を完備していないお店なら駐車料金がかかりますし、電車やバスなどの交通機関を使ってお店へ行くとなると、往復の交通費もかかります。 買取店で査定してもらっても、満足のいく査定結果ではなかったら、キャンセルしてまた持ち帰らないといけなくなる可能性も。ブランド買取をしてくれる店舗が近くにあればスムーズに買取できますが、遠方にしかない場合ですと時間と手間、交通費代がかかるかも知れないということを念頭においておくとよいでしょう。